Powered by Seesaa

2014年10月01日

ヴァレリア・ゴリノ(1966-)

ヴァレリア・ゴリノ


Valeria Golino

ヴァレリア・ゴリノの父親はイタリア人のジャーナリストで母親はギリシャ人の画家です。
14歳の頃からモデルとして活躍して、17歳の時にリナ・ウェルトミューラー監督の映画でデビューします。
1986年、イタリア映画「Storia d'amore」でヴェネチア映画祭の女優賞を獲得して人気女優となります。アメリカに渡り、1988年、ハリー・レヴィンソン監督の「レインマン」に出演して世界的にも有名になります。
1991年にジム・エイブラハムズ監督のコメディ映画「ホット・ショット」に出演します。チャーリー・シーンと共演したこの映画は大ヒットして、1993年に続編の「ホット・ショット2」が作られます。
1991年にはジョン・フランケンハイマー監督の「イヤー・オブ・ザ・ガン」、ショーン・ペンの監督第一回作品「インディアン・ランナー」にも出演しています。
1994年、バーナード・ローズ監督の「不滅の恋/ベートーヴェン」でゲイリー・オールドマンと共演しました。


レインマン  インディアン・ランナー  ホット・ショット  ホット・ショット2  不滅の恋/ベートーヴェン

フォー・ルームス  ラストハーレム  レイジングプラン  あるいは裏切りという名の犬

愛と欲望 ミラノの霧の中で  湖のほとりで  ライヤーゲーム


動画 「Hot Shots Topper and Ramada
    「Hot Shots! Part Deux Movie Trailer s


続きを読む
posted by suwiun at 07:20| Comment(1) | TrackBack(0) | イタリア人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

オルネラ・ムーティ(1955-)

オルネラ・ムーティ


Ornella Muti

オルネラ・ムーティはイタリアのローマに生まれます。
14歳の時、モデルをしている姉に連れられてスタジオに遊びに行き、そこで撮られた写真がダミアーノ・ダミアーニ監督の目にとまって、「シシリアの恋人」のヒロインに抜擢されます。
1971年、「ふたりだけの恋の島」で「シシリアの恋人」で共演したアレッシオ・オラーノと再び共演、「ガラスの旅」ではレイモンド・ラヴロックと共演します。
1973年に「あゝ情熱」でジャンカルロ・ジャンニーニと共演、1975年には「試験結婚」でアレッシオ・オラーノと三度目の共演をします。実生活でも、オルネラとアレッシオは熱い関係となって同棲していたようです。
1978年、フランス映画「チェイサー」でアラン・ドロンと共演、1980年にはアメリカ映画「フラッシュ・ゴードン」に出演し、ソ連映画「人生は素晴しい」にも出演しています。


シシリアの恋人  チェイサー  フラッシュ・ゴードン  スワンの恋

ありきたりな狂気の物語  オスカー  モンテ・クリスト伯  サラ、いつわりの祈り


動画 「Ornella Muti
    「Ornella Muti (histoire sans parole)
    「Ornella Muti being whipped wearing spandex


続きを読む
posted by suwiun at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

ジーナ・ロロブリジーダ(1927-)

ジーナ・ロロブリジーダ


Gina Lollobrigida

戦争が終わって、美術学校に通っていたジーナでしたが、1947年、ミス・イタリア・コンテストで3位に入賞したのがきっかけとなって、映画女優への道へと進みます。
1951年、フランス映画「花咲ける騎士道」でジェラール・フィリップと共演、翌年も「夜ごとの美女」で彼と共演します。この二作品によって、ジーナはスターの仲間入りします。
1953年、アメリカ映画「悪魔をやっつけろ」でハンフリー・ボガートと共演、1956年、フランス映画「ノートルダムのせむし男」でアンソニー・クインと共演、アメリカ映画「空中ブランコ」で、バート・ランカスターと共演、1959年、アメリカ映画「ソロモンとシバの女王」でユル・ブリンナーと共演、アメリカ映画「戦雲」でフランク・シナトラとスティーヴ・マックィーンと共演、イタリア映画「掟」でマルチェロ・マストロヤンニと共演しています。


花咲ける騎士道        

9月になれば    さらば恋の日  


動画 「Movie Legends - Gina Lollobrigida
    「Gina Lollobrigida tribute
    「Dance La Esmeralda
    「Gina Lollobrigida as Sheba - Pagan dance


続きを読む
posted by suwiun at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラウラ・アントネッリ(1941-)

ラウラ・アントネッリ


Laura Antonelli

ラウラ・アントネッリは1970年代を代表するイタリアの美人女優です。
映画デビューは1965年のイタリア映画で、1969年にはアメリカ映画のウエスタン「スレッジ」、西ドイツとイタリアの合作「毛皮のビーナス」に出演、1971年にはフランス映画「コニャックの男」でジャン・ポール・ベルモンドと共演、フランスを舞台にしたアメリカ映画「刑事キャレラ 10+1の追撃」でジャン・ルイ・トランティニャンと共演しています。
そして、1973年のイタリア映画「青い体験」が大ヒットして、ラウラ・アントネッリの名は世界的に有名になります。当時、26歳と公表されていましたが、実際は31歳だったようです。
その後、1975年にルキノ・ヴィスコンティ監督の遺作「イノセント」に出演して、貴族の夫人を見事に演じています。同じ年に「続青い体験」も公開されました。


スレッジ    シモーナ  愛と欲望のバリ  刑事キャレラ/10+1の追撃

        


動画 「Laura Antonelli - Actress
    「laura antonelli mi idola la mas bella de los años 70
    「Peccato veniale Laura Antonelli Movie Clip
    「Voglie notturne - Laura Antonelli
    「THE DIVINE NYMPH (悦楽の闇 1975)/a>」


続きを読む
posted by suwiun at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

クラウディア・カルディナーレ(1938-)

クラウディア・カルディナーレ


Claudia Cardinale

クラウディアは北アフリカのチュニジアに生まれます。父親はイタリア人で、母親はフランス人です。
19歳の時に、美人コンテストで優勝して、ヴェネチア映画祭に招待されます。そこで、イタリアのプロデューサーの目に留まって、翌年、イタリアで映画デビューします。
1959年、ピエトロ・ジェルミ監督の「刑事」でヒロインを演じ、1960年、ルキノ・ヴィスコンティ監督の「若者のすべて」で、アラン・ドロンと共演、1961年、マウロ・ボロニーニ監督の「ビアンカ」で、ジャン・ポール・ベルモンドと共演、1963年、ルイジ・コメンチーニ監督の「ブーベの恋人」で、ジョージ・チャキリスと共演しています。クラウディアは監督や共演者に恵まれ、持ち前の美貌に加えて演技にも磨きがかかり、スターの座を獲得します。
1963年には「ブーベの恋人」の他に、アメリカに渡って、ブレイク・エドワーズ監督の「ピンクの豹」でヒロインを演じ、イタリアに戻って、ヴィスコンティ監督の「山猫」、フェデリコ・フェリーニ監督の「81/2」にも出演しています。
1960年代、マリリン・モンローが、アメリカのMMと呼ばれ、ブリジット・バルドーが、フランスのBBと呼ばれたように、クラウディアはイタリアのCCと呼ばれて、世界的な人気者でした。
1971年、フランス、イタリア、スペイン合作の西部劇「華麗なる対決」で、BBとCCは競演しています。


若者のすべて  ピンクの豹  ブーベの恋人  山猫  熊座の淡き星影

ウエスタン  華麗なる対決  ラ・スクムーン  フィツカラルド  デザート・オブ・ファイアー


動画 「Claudia Cardinale
    「Movie Legends - Claudia Cardinale
    「Claudia Cardinale
    「Claudia Cardinale
    「Les Petroleuses: Brigitte Bardot vs Claudia Cardinale Part 1


続きを読む
posted by suwiun at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフィア・ローレン(1934-)

ソフィア・ローレン


Sophia Loren

イタリアが産んだ大女優のソフィア・ローレンは1934年、ローマに生まれます。
16歳の時、海の女王コンテストで入賞して、映画界にデビューします。しかし、順調に行ったわけではなく、21歳頃から、ようやく女優として認められるようになります。
23歳の時に、アラン・ラッドと共演した「島の女」で、鮮烈な印象を与え、一躍、国際的なスターに躍り出ます。
そして、翌年、「月夜の出来事」で、ケーリー・グラントと共演、「鍵」で、ウィリアム・ホールデンと共演、「黒い蘭」で、アンソニー・クイーンと共演します。「黒い蘭」では、ヴェネチア映画祭主演女優賞を獲得しています。
1960年、ジャン・ポール・ベルモンドと共演したヴィトリオ・デ・シーカ監督の「ふたりの女」で、カンヌ映画祭最優秀女優演技賞、アカデミー主演女優賞に輝きます。その時のアカデミー主演女優賞の候補には、「ティファニーで朝食を」のオードリー・ヘプバーン、「草原の輝き」のナタリー・ウッド、「ハスラー」のパイパー・ローリー、「肉体のすきま風」のジェラルディン・ペイジがいました。
その後、1965年、ピーター・ユスティノフ監督の「レディL」て゜、ポール・ニューマンと共演、1966年、チャンプリン監督の「伯爵夫人」で、マーロン・ブランドと共演、1972年、アーサー・ヒラー監督の「ラ・マンチャの男」で、ピーター・オトゥールと共演しています。
マルチェロ・マストロヤンニとは、1955年の「バストで勝負」、1963年の「昨日・今日・明日」、1964年の「ああ結婚」、1970年の「ひまわり」と「結婚宣言」、1975年の「ガンモール」と何度も共演しています。ヴィトリオ・デ・シーカ監督の「ひまわり」は心に残る名画です。


ナポリ湾  西部に賭ける女    あゝ結婚  ローマ帝国の滅亡

伯爵夫人ひまわりラ・マンチャの男  カサンドラ・クロス  


動画 「Mambo Italiano: Sophia Loren
    「Sophia Loren video Photo gallery
    「Sophia Loren....An Italian Beauty
    「Movie Legends - Sophia Loren


続きを読む
posted by suwiun at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

ピア・アンジェリ (1932-1971)

ピア・アンジェリ


Pier Angeli

ピア・アンジェリは16歳の時にイタリアで映画デビューします。18歳の時に主演した学園ものの「明日では遅すぎる」で、アイドルスターになります。
ハリウッドに渡って、「赤い唇」で、ジーン・ケリーの相手役をこなし、「三つの恋の物語」では、カーク・ダグラスと共演、「銀の盃」では、ポール・ニューマンと共演しています。
ポール・ニューマンに紹介されて出会ったのが、ジェームズ・ディーンでした。運命の出会いで、2人は熱烈な恋に落ちますが、ピアの母親に反対されて、2人は別れさせられます。ジェームズ・ディーンと別れたピアは親の言いなりにイタリア系の歌手、ヴィック・ダモーンと結婚します。
結婚した後、「傷だらけの栄光」で、ジェームズ・ディーンとの共演の話が来ますが、撮影に入る前に、ジェームズ・ディーンは事故死してしまいます。ジェームズの代役をしたのはポール・ニューマンでした。
結局、ヴィック・ダモーンとはうまく行かず、離婚してイタリアに帰ります。
その後も女優を続けますが、1971年、睡眠薬の飲み過ぎで亡くなってしまいます。ジェームズ・ディーンの事が忘れられなかったのかもしれません。39歳でした。


イタリア  ジェームズ・ディーンとピア・アンジェリ  ジェームズ・ディーンとピア・アンジェリ


動画 「Movie Legends - Pier Angeli
    「James Dean & Pier Angeli - Through Before We Started
    「James Dean & Pier Angeli, Una tragedia de amor.
    「Teresa (1951, Fred Zinnemann) Pier Angeli - Full Movie


続きを読む
posted by suwiun at 15:59| Comment(0) | TrackBack(1) | イタリア人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

ステファニア・サンドレッリ(1946-)

ステファニア・サンドレッリ


Stefania Sandrelli

ステファニア・サンドレッリは1959年、13歳の時に地元の水着美人コンテストで2位になったのをきっかけにしてモデルになります。
1960年に映画デビューして、1961年にピエトロ・ジェルミ監督の「イタリア式離婚狂想曲」でマルチェロ・マストロヤンニに惚れられる美しい娘を演じて注目されます。
1963年に同じピエトロ・ジェルミ監督の「誘惑されて棄てられて」でヒロインを演じ、1966年にジャン・ベッケル監督の「タヒチの男」でジャン・ポール・ベルモンドと共演します。
1970年にベルナルド・ベルトルッチ監督の「暗殺の森」でジャン・ルイ・トランティニャンと共演、1972年にピエトロ・ジェルミ監督の「アルフレード アルフレード」でダスティン・ホフマンと共演、1974年にルイジ・コメンチーニ監督の「ミラノの恋人」でジュリアーノ・ジェンマと共演します。
1976年にベルナルド・ベルトルッチ監督の「1900年」でロバート・デ・ニーロと共演、1984年に谷崎潤一郎原作、ティント・ブラス監督の「鍵」でヒロインを演じました。


誘惑されて棄てられて  鍵  ハモン・ハモン  魅せられて  永遠の語らい / レオノール・シルヴェイラ


動画「STEFANIA SANDRELLI per adulti
   「STEFANIA SANDRELLI - IO LA CONOSCEVO BENE


続きを読む
posted by suwiun at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

ヴィルナ・リージ(1937-)

ヴィルナ・リージ


Virna Lisi

ヴィルナ・リージは1953年、16歳の時ににフランチェスコ・マゼッリ監督に見いだされて、ドキュメンタリー映画「街の恋」で映画デビューします。
1959年にアデルキ・ビアンキとロベルト・マウリが共同監督した「金と女と機関銃」に出演、1960年にジョゼフ・ロージー監督のフランス映画「エヴァの匂い」に出演して注目されます。
1963年にクリスチャン・ジャック監督の「黒いチューリップ」でアラン・ドロンと共演、1964年にはリチャード・クワイン監督のアメリカ映画「女房の殺し方教えます」に出演してジャック・レモンと共演し、マリオ・モニチェリ監督の「ゴールデンハンター」でマルチェロ・マストロヤンニと共演します。
1965年にピエトロ・ジェルミ監督の「蜜がいっぱい」で主役を演じ、1966年にはジャック・ドノヒュー監督の「クィーン・メリー号襲撃」でフランク・シナトラと共演、ノーマン・パナマ監督の「おれの女に手を出すな」でトニー・カーティスと共演、アンリ・ヴェルヌイユ監督の「25時」でアンソニー・クインと共演します。
1977年にリリアーナ・カヴァーニ監督の「ルー・サロメ 善悪の彼岸」でドミニク・サンダと共演、1994年にパトリス・シェロー監督の「王妃マルゴ」でマルゴの母親、カトリーヌを演じてカンヌ映画祭の女優賞を受賞しました。


女房の殺し方教えます  ルー・サロメ -善悪の彼岸  ヴィルナ・リージ  ヴィルナ・リージ

動画「Virna Lisi Tribute
   「Virna Lisi


続きを読む
posted by suwiun at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。