2014年10月17日

キャンディ・ダルファー(1969-)

キャンディ・ダルファー


Candy Dulfer

キャンディ・ダルファーの父親はオランダを代表するテナー・サックス奏者で、キャンディは6歳の頃からソプラノ・サックスを吹き始めます。
11歳になるとアルト・サックスを吹いて、父親のバンドに参加します。14歳でバンドを結成して活動し始め、1988年にはマドンナとプリンスのオランダ公演の前座を務めます。
1989年、オランダ映画「リリィ・ワズ・ヒア」のテーマ曲を演奏して話題となり、1990年にファーストアルバム「サクシュアリティ」を発表、このアルバムはミリオンセラーとなってグラミー賞にノミネートされます。
1993年のセカンドアルバム「サックス・ア・ゴーゴー」も1995年の3作目の「ビッグ・ガール」も大ヒット、1997年の4作目「フォー・ザ・ラヴ・オブ・ユー」は250万枚を超える大ヒットとなりました。


Saxuality  Sax-A-Go-Go  Big Girl

For the Love of You  Right in My Soul  Live At Montreux 2002

Candy Store  Funked Up and Chilled Out  ベスト・オブ・キャンディ・ダルファー


動画 「Dave Stewart & Candy Dulfer - Lily Was Here
    「FOR THE LOVE OF YOU
    「Candy Dulfer - Everytime
    「Mike & Thomas Show - Candy Dulfer
    「PICK UP THE PIECES
    「Candy Dulfer - Can't make you love me - Live Montreux 1998
    「Candy Dulfer - Live at Montreux (2002)


続きを読む
posted by suwiun at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

マルーシュカ・デートメルス(1962-)

マルーシュカ・デートメルス


Maruschka Detmers

オランダで生まれたマルーシュカ・デートメルスは18歳の時にパリに出てアルバイトをしていましたが、名門のフロラン演劇学校を受験してみたら、見事に合格して女優の道へと進みます。
1983年、ジャン・リュック・ゴダール監督の「カルメンという名の女」でヒロインのカルメンを演じて、華々しくデビューします。
有望な新人女優として騒がれたマルーシュカは、翌年、ジャック・ドワイヨン監督の「ラ・ピラート」でジェーン・バーキンと共演し、1986年にはマルコ・ベロッキオ監督の「肉体の悪魔」に主演して大胆な演技を披露します。
1988年にはメナヘム・ゴーラン監督の「ハンナ・セネシュ」に出演して、実在のレジスタンスの女戦士、ハンナ・セネシュを熱演しました。


カルメンという名の女  ラ・ピラート  肉体の悪魔  ハンナ・セネシュ


動画 「MARUSCHKA DETMERS
    「Bellochio's Diavolo In Corpo - Flesh Court
    「Prenom Carmen (カルメンという名の女 1983)
    「Devil in the Flesh (肉体の悪魔 1986)


続きを読む
posted by suwiun at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

シルヴィア・クリステル(1952--2012)

シルヴィア・クリステル / エマニエル夫人


Sylvia Kristel

シルヴィア・クリステルといえば、何と言っても「エマニエル夫人」です。1970年代の半ば、「エマニエル夫人」は大ヒットして、シルヴィアは世界的に有名になりました。
オランダに生まれたシルヴィアは20歳の頃、ミス・テレビ・ヨーロッパに選ばれ、「Because of The Cats」という作品で映画デビューします。その後、オランダ映画の「処女シルビア・クリステル 初体験」に主演してから、1974年、フランス映画の「エマニエル夫人」に主演します。翌年、「続エマニエル夫人」が作られ、1977年、「さよならエマニエル夫人」が作られます。
人気絶頂期の1976年、ロジェ・バディム監督の「華麗な関係」に出演、1979年には、エマニエル夫人のイメージから脱却しようとアメリカ映画「エアポート’80」に出演、1982年には、D・H・ローレンスの話題作「チャタレイ夫人の恋人」の二度目の映画化で、主役のチャタレイ夫人を演じました。


エマニエル夫人  卒業試験  続エマニエル夫人  華麗な関係  夜明けのマルジュ

さよならエマニエル夫人  プライベート・レッスン  チャタレイ夫人の恋人  レッド・ヒート  エマニエル パリの熱い夜


動画 「Emmanuelle 1 - Opening & closing theme
    「Emmanuelle 2 - Opening & closing theme」 
    「Emmanuelle 2 - International Trailer
    「Emmanuelle 7 (1993) - Last Sylvia Kristel Emmaneulle Film
    「Sylvia Kristel Emmanuelle tribute
    「Sylvia Kristel in La Marge.


続きを読む
posted by suwiun at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。