Powered by Seesaa

2009年09月07日

モーリン・オハラ(1920-)

モーリン・オハラ


Maureen O'Hara

モーリン・オハラは19歳の時にアルフレッド・ヒッチコック監督のイギリス映画「巌窟の野獣」で映画デビューして、アメリカに渡り、ウィリアム・ディーターレ監督の「ノートルダムのせむし男」でヒロインのエスメラルダを演じます。
1941年にジョン・フォード監督の「わが谷は緑なりき」でヒロインを演じてスター女優となり、1942年にヘンリー・キング監督の「海の征服者」でタイロン・パワーと共演、1943年にジャン・ルノワール監督の「自由への闘い」に出演します。
1946年にウォルター・ラング監督の「センチメンタル・ジャーニー」に出演、1947年にジョージ・シートン監督のクリスマス映画の名作「三十四丁目の奇跡」に出演、1950年にジョン・フォード監督の「リオ・グランデの砦」でジョン・ウェインと共演します。
1952年にジョン・フォード監督の「静かなる男」で再びジョン・ウェインと共演、1956年にもジョン・フォード監督の「荒鷲の翼」で二人は共演します。
1960年にキャロル・リード監督の「ハバナの男」でアレック・ギネスと共演、1961年にサム・ペキンパー監督の「荒野のガンマン」に出演、1963年にデルマー・デイヴス監督の「スペンサーの山」でヘンリー・フォンダと共演しました。


わが谷は緑なりき  西部の王者  長い灰色の線  マクリントック  スタンピード

動画「Fiery Maureen O'Hara
   「Movie Legends - Maureen O'Hara
   「Rio Grande - John Wayne & Maureen O'Hara - "The Regimental Singers"
   「A Maureen O'Hara Tribute
   「Maureen O'Hara and John Wayne-Hollywoods Golden Couple


続きを読む
posted by suwiun at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アイルランド人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。